上質な子供服を安く手に入れる方法

公開日: : ベビー服・子供服の悩み


賞味期限が残り45日に近づいた商品をセール価格で! その他の50%以上のタイムセール商品

成長が早いお子様のお洋服はすぐにサイズアウトするので、出来るだけ安く手に入れたい・・・そう思うのはママ心ですね。せっかくなので「安かろう悪かろう」な、安さ第一の子供服より、質が良い子供服を安く手に入れる方法をご紹介してみようと思います。それぞれメリットもあればデメリットもありますので、ご参考にどうぞ♪

1.ネットオークション

ネットオークション

≪メリット≫

基本的にユーズドになりますが、いつもは手の届かないハイブランドの子供服なども格安で落札することが可能。最近は高値でのスタートでは入札が無いので100円以下からスタートすることも多いです。新品同様や、タグは切ってしまったけど未使用のもの等も出品されていることも意外と多いのです。何故か人気ブランドの新商品もあることも。欲しいサイズやブランドなど検索をかければ沢山探すことができます。

≪デメリット≫

人気商品など、競合入札者が出現すると思ったよりも高値で落札してしまうハメになることも・・。利用するときはしっかり予算を決めて入札するのがポイント。また、実際に商品の状態や模倣品かどうかがわからないので出品者を信じるしかありません。ほとんどの出品者がノークレーム・ノーリターンを条件にしています。過去の評価や商品写真などしっかり確認するようにしましょう。

2.フリーマーケット

フリーマーケット

≪メリット≫

売り手の顔が見えるので安心。ユーズドが多くなりますが、子供服なので1度しか着ないまま入らなくなった新品同様のものなども多いです。コーディネートやサイズ感も相談できるので良いですね。またフリマは値引き交渉ができるのも魅力!出店者さんによっては買い物したらオマケで他の商品をつけてくれる事もあります。

≪デメリット≫

欲しいサイズがあるかはわからない!!サイズがあったらラッキー。上手く値引き交渉できないと、そんなに安くならない場合も。

3.古着屋・リサイクルショップ

リサイクル

≪メリット≫

お店側で、ある程度ユーズド服のメンテナンスをしてくれているので、ユーズドでも安心して購入できる。綺麗。普通のショップのように探しやすく陳列されているところも多いです。店員さんに色々アドバイスがもらえるます。もちろん定価よりもぐんと安いです。新品同様のものがある場合も。

≪デメリット≫

欲しいもの・欲しいサイズがあるかはわからない!!また、人気ブランドの物やフォーマルなど流行廃りのないような物は、そんなに安くない事も。

4.アウトレット

アウトレット

≪メリット≫

新品の商品が格安で購入できること!中には人気ブランドの人気商品もアウトレットで格安に登場していることも。ほとんどのアウトレット商品は着用に問題がない程度の些細な汚れや傷、または型落ちという理由でアウトレットになっているだけです。

≪デメリット≫

欲しい商品やサイズが無いことが多い!早い者勝ち!ですので、欲しい商品やサイズがあったら安いので即決しましょう。次に見たときに残っていることはまず無いです。

5.セール時期のセール

セール

≪メリット≫

今年の商品を定価の20~40%で購入できます。トレンド商品も安く手に入れることが出来るので嬉しい。

≪デメリット≫

人気の商品はセール前に既に完売していることも多いでしょう。完全に早い者勝ち。セールの後半になると欲しいサイズがやデザインは無くなってきます。セール時期にはセール用の商品が並ぶお店も多いです。とにかく早く行きましょう。

6.シーズン中の単発セール

セール

≪メリット≫

これから使える新商品を安く購入できます。一般のセールよりも早い時期に行われるので、種類もサイズも豊富に揃っていることが多いです。

≪デメリット≫

いつ行われるかわからない。定価よりは安いけれどセール時期のセールよりはもちろん値引率は低い場合も多いです。

おわりに

大人のお洋服でもそうですが、安く購入する方法は沢山あります。ユーズドでもいいのか、新品がいいのか、トレンドの物がいいのか、サイズはどうなのか・・そのあたりの条件でも変わってきますね。

それぞれの方法のメリット・デメリットを考慮したうえで、上手く使い分けて探すと良いかもしれません。

ちなみに余談ですが・・過去に上の子供用にと、某ブランドの新品同様のコートがオークションに出ていたので、落札を狙っていました。ところが途中で競合者が現れてヒートアップしてしまい、最終的に新商品を買える値段で落札してしまった苦~い過去があります。お気をつけを!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • ときめき子育て公式FacebookページとTwitterでは、育児ママの役立つ情報をお届けしています。

PAGE TOP ↑