妊婦さんなりのディズニーランドの楽しみ方

公開日: : 子連れ旅行


賞味期限が残り45日に近づいた商品をセール価格で! その他の50%以上のタイムセール商品

妊婦さんなりのディズニーランドの楽しみ方

妊娠中でもディズニーランドに行きたくなるお気持ち、よくわかります。そんなあなたのための情報をお伝えしたいと思います。

おわかりかと思いますが、無理しないこと!!

ディズニーランドで妊婦が乗ることができないアトラクションがあります。ビックサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、スペース・マウンテンの三大マウンテンと呼ばれるジェットコースタータイプのものとスター・ツアーズの4つです。

じゃあそれ以外ならすべて安心して乗ることができるのか、というとそうではありません。急停車や急回転するアトラクションが他にもたくさんあります。それらはすべて自己責任で判断しなければいけません。だから、妊娠中に乗るアトラクションは、新しいものにチャレンジするのではなく、すでに乗車経験があり「これなら平気」と安心できるアトラクションを自分で無理せず選んでください

だからといって「私なら大丈夫!」と張り切って過ごしてしまうと、むくみが出たりして安静の指示をされるかもしれませんよ!

キャラクターグリーティングすべし

一番おすすめの過ごし方はキャラクターグリーティングです。妊娠の月数にもよりますが、お腹がだいぶ目立ってくるとキャラクターたちもそれに気付いてくれます。気付かれなかったら自分からアピールしてみてください。みんな手をそえて激励してくれます。

たとえば、チップとデールに出会えたら二人でにぎやかにお腹の子をかまってくれます。シンデレラの魔法使いに出会えたら魔法のステッキでいい子が生まれるよう魔法をかけてくれます。プリンセスに出会ったら素敵な英語で感嘆の声をあげてくれます。ミッキーにいたっては「ミッキー 安産祈願」で検索するとたくさん経験談がでてくる程の実績持ちです。

生まれた赤ちゃんとディズニーデビューする際は、その時の写真を見せ「実はもう行ったことあるんだよー、お腹の中で」とおしえてあげてくださいね。

裏技!? ゲストアシスタントカード

インフォメーションで妊娠している旨を伝えるとゲストアシスタントカードをもらうことができます。このカードを提示するとファストパス設定のあるアトラクションではファストパスと同じ扱いを受けることができます。ファストパス設定のないアトラクションでは、列に並ばず別の場所で待つことができます。しかも同行の家族全員です。

しかし、本来このゲストアシスタントカードは障害者手帳などを持ち、疾病、負傷により体の機能が低下している人のためのものです。そのため「妊娠は病気ではない。体調のすぐれない妊婦は休むべきであって、このカードを使ってまでディズニーランドを優位に回るのはいかがなものか」という意見もあります。

もしかしたらこのカードを使うことで後ろ指さされ、かえってストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。自分なりの価値基準を整理したうえで、使うもよし、使わないもよしだと思います。

せっかくだからオリジナルのお土産を

シルエットの切り絵をつくってくれたり、ガラスの置物に似顔絵や名前をほってくれたりするお店があります。それから、キャラクターの描き方を教えてくれるドローイングクラスというのもあります。最近TVなどでもよく取り上げられているのでご存じの方も多いのでは。けれど、それらはどうしても時間がかかるので、アトラクションやショーに夢中になっていると、つい後回しにして、結局買わずじまいになっているってことないですか? 出産の応援や夫婦二人の思い出とでも言って、ご主人にオリジナルお土産をプレゼントしてもらう、っていうのはどうですか?

ディズニーホテルでゆっくり

少しリッチなプランですが、ホテルでゆっくりしてみるのもいいです。ディズニーランドホテルに部屋をとり、再入園の手続きをとって休憩をはさむ行程です。あるいは、アンバサダーホテルのシェフ・ミッキーをあらかじめ予約しておけば、並ばずしてミッキーに会うことだってできます。せっかく素敵なホテルに宿泊するのだから、寝るだけではもったいないです。隅々までディズニー色に染められた施設を満喫するには絶好のチャンスです。

とにかく、しつこいようですが無理しないことです! おだやかな気持ちでいいディズニーステイとともに、いい出産を迎えられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • ときめき子育て公式FacebookページとTwitterでは、育児ママの役立つ情報をお届けしています。

PAGE TOP ↑