[お食い初め]尾頭つきの鯛の注文するならココ!

公開日: : お食い初めの悩み


賞味期限が残り45日に近づいた商品をセール価格で! その他の50%以上のタイムセール商品

尾頭付き鯛の塩焼き

生後百日を目安に行われる儀式、お食い初めの席で欠かせない料理の一つに鯛の尾頭付きがあります。なぜ、お食い初めに鯛の尾頭付きを用意しなくてはいけないのか、知っていますか?「用意するものだから…」と意外に理由を知らないという方も多いんですよね。鯛は古く昔からお祝いの席には欠かせない魚として重宝されてきました。そんな鯛について、少し知っておいても損しませんよ。

鯛を使う意味とは

「めでたい」という語呂合わせも相まって、体の色や寿命、味はもちろん、栄養価も高いことから縁起がいい魚でもあるんです。鯛は長生きするもので40年以上生きるものもいると言われていますし、他の魚に比べて栄養もあるので、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いを込めて行われるお食い初めにピッタリの魚なんです。

お食い初めに使う鯛の選び方

儀式で使われるタイは首尾一貫と言われ、頭から尾っぽまでついているものを選びます。購入先は、スーパーや鮮魚店で事前に注文しておけば用意してもらうことができる場合もありますので、間に合うように少し早めに問い合わせておきましょう。予約をしておけば、当日買い物に行ったらなかったなんてことも避けることができます。

天然鯛と養殖鯛はどちらでもOK?

ひと昔前はお食い初めなどのお祝い鯛といえば「天然鯛」が一般的でしたが、最近ではこだわらない家庭も増えてきています。
天然と養殖では、見た目と味に違いがあります。見た目の違いは、天然の鯛の場合は、尾びれが鋭いV字の形をしていますが、養殖の場合は、尾びれに丸みがあります。

味については、天然物は身が引き締まっていておいしいですし、養殖は養殖で脂が乗っていておいしいです。見た目が気にならなければどちらを選んでもよいでしょう。

価格の目安

鯛はサイズによって価格がかなり変わります。養殖で育てられたものは1匹3,000円前後、天然のものは小さな物は2,000円~、大きくなると1匹8,000円なんてものもあります。

忙しいママはネット通販で購入するのがオススメ

また、近年は鮮魚店やスーパーのみならず、ネットを使って購入される方も増えてきました。赤ちゃんを連れての買い物は大変です。ですが、ネットで購入することで事前に注文し指定したその日にきちんと自宅まで届けてくれるというメリットがあります。せっかくお祝いの席に尾頭付きの鯛を用意するわけですから、おいしいものを食べるに越したことはありません。ネットで取り寄せることで、産地直送の新鮮な鮮魚を用意することができます。儀式に参加する人数が多くなればなるほど、買い出しも大変になるので、こう言った時は通販を上手に活用しましょう。

ネット通販で購入するときに価格を抑えたい場合は、やっぱり楽天がオススメです。種類も豊富ですし、価格も全体的に安い傾向があります。
【楽天】 尾頭付き鯛 一覧

用意する鯛が大きすぎグリルで焼くことができない、グリルが小さくて焼けないという場合は、スーパーなどなら焼いたものを用意してもらえることもあります。スーパーや鮮魚店で購入する良さと、ネットを使って購入する良さの両方を比較しながら、どういった方法で注文するのがベストなのか決めていくといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



  • ときめき子育て公式FacebookページとTwitterでは、育児ママの役立つ情報をお届けしています。

PAGE TOP ↑